生存報告

もう、なんというか、ここで自分が何を行った所で言い訳にしかならないのですが、一向に更新できていない事を謝罪致します。申し訳ございませんでした。

太字でも謝罪します。本当に申し訳ございませんでした。

前回の放送から8ヶ月間、私はゲーム制作を投げ出したわけでもなく、エターなった訳でもなく、モチベーションが落ちて、ダラダラとテレビを見るだけで日々を送る生活をしたわけでもなく、常日頃何らかの活動をするよう心がけてしました。

ゲームをプレイするのは1日1時間以内と小学生のような決まり事を決め、それ以外の時間は何らかの創作活動に着手することをクセづけていました。

ということで、やったことだけ言えば色々やってて、3Dとか、VRとか、文章関連とか、動画に関することとか、配信に関することなど、マルチメディア関連を中心に色々やりました。

殆どは裏方ですが、XyliShoot以外のHNでも幾つか活動に参加させていただきました。

 

とはいえ、XyliShootとして実際に皆さんの目に留まるアウトプットはほとんど無いので、皆さんからすれば何もやっていないのと同じなのですが。

あと最初にエターナって無いとか抜かしてましたが実際BLACK TOWERの製作はほぼ止まってたので皆さんからすればエターなったも同然ですね、クソみたいなこと言ってすんませんでした。製作をやめるつもりはないです、続けます

 

後はインスピレーションを深めるために旅とか出ました。北は青森、南は阿蘇山まで果てしない道を歩んでまいりました。

いや、歩んだとか言ってますがモーター付いている方のバイクで行ってきました。バリバリエンジンの力借りました。フェリーも乗った。色んなアイディアが湧いてきたと思います。

 

 

 

ということで、ここまでのことをやらかした以上、今後の活躍にご期待下さい!だの、これからもXYLAB.XYZを宜しくお願いしますだのといった都合のいいことは言ってられないので、

なんかもう、存在忘れて頂いて、気がついたらリリースされてた、くらいの感覚で居てくれればなと思います。

ありがとうございました。


生存報告

製作を続行しているという生存報告です。あとは謝罪というか愚痴というかそういうものです。

前回、年明けから1か月放送していないという報告からさらに1か月半が経過してしまいました。
前回は今まで以上のペースで製作していると報告しましたが、最近はさすがにそんなこともなく、仕事の繁忙期に入ったこともあり製作ペースが落ち気味です。最近面白いゲームも見つけて、2年半ほど本気でゲームとかしていなかった反動でやっていたりと、身の回りの事情と自身の怠慢が祟って製作ペースは落ちています。

自身の悪行を「ごめんなさい」という言葉で済ませるのが嫌で、前回報告後に、復帰時にはユーザーにお詫びがてらの「何か」を提供しようと考えており、BLACK TOWER本編の製作に支障がない程度(つもり)で物を作っていました。もっとも、本編の製作が滞っていたため、それすらも完成していないのですが。
仕事の繁忙期というのも、2年間の反動というのも、言い訳にしかならないので言いたくはなかったんですが、このまま音信不通でずっと放置するのも不義理だと思い、今回報告させて頂きました。

繰り返しますが、製作は続けています。


2017年の製作放送及びα版リリースについて

2017年が始まって早1か月が経過しましたが、BLACKTOWER-DEVではいまだにα版のリリースができておらず、製作現場生放送も行えていない状態です。

これは新年が明けてからXyliShootが製作を怠けていたり、忙しくて放送する暇が無いというわけではありません。

何度か放送するチャンスはありましたし、製作スピードについてはむしろ去年末より上がっています。

 

では何故進展の報告ができていないかというと、今現在システムの深い部分を変更しており、製作工程の殆どがコーディングとデータ修正に費やされているからです。

何故深い部分のシステムを変更しているかというと、年末付近で実現しようとした機能のいくつかを実装しようとした際、現状のシステムに限界を感じていたからです。

そのため、放送を行っていない現状すら、数時間実装作業→3,4分デバッグプレイという状態を繰り返しています。

息抜きにマップの追加なども行っていますが、やはりコーディングが作業の大半を占めている状態です。

そのため、放送してもゲームの画面が出せませんし、α版の新しい版すら出すことができない状態なので、放送をお休みさせて頂いています。

 

一方、システムの基幹部分から見直しが行われているため、次回のα版リリースは大型のバージョンアップとなります。

描画や操作に関するかなりのシステムが一新され、Automataシステムもパワーアップし、AIのよりテクニカルな動作を実現しつつあります。

一通りの作業を終え、少なくとも生放送の終了間際までに一度新版をリリースできる段階まで進めてから放送を再開しようと思います。

 

バグ報告掲示板も現状放置されていますが、システムの一新により解決される可能性があるため、対応は次回版リリース後とさせていただきます。

 

本当なら2016年中に完成の予定でしたが、大幅に遅れたことを改めてお詫び申し上げます。

今後もXYLAB.XYZをよろしくお願いします。


アルファ版0.2.3.2 RELEASE

アルファ版 0.2.3.2をリリースしました

・スプリントの挙動に異常があったため修正しました

・メニュー画面の演出を元に戻しました

・追跡者がその場に固まって移動しなくなる問題を修正しました
(完全に直っていない可能性もあります)


アルファ版0.2.3.0 RELEASE

アルファ版 0.2.3.0をリリースしました

・新追跡者AI「LightWeight」が追加されました
 ハンドガンやサブマシンガンのような軽装備しかしない代わりに、常時ハイペースで行動することができます。

・ランダムマップのパターンバリエーションを増強しました。下層に行くほどより難易度の高い地形が出現するようになります

・新アイテム「ホールセンサー」が実装されました
 バッテリーを消耗するタイプの装備品で、下りのシュートホールからの距離が近いほど強く反応します

・「雑音」の実装
 ランダムなマップで雑音が発生するようになりました。
 音センサーにも反応します。「キルセンス」などを使うことで、追跡者の足音のみを見分ける事が可能です。

・スプリントの実装
 プレイヤーの新たな操作として「スプリント(ダッシュ)」が可能になりました。
 Shiftキー+決定キー(Aボタン+Cボタン)を押しながら移動することで、通常よりも速い速度で移動することができます。

 今後、追跡者AIはプレイヤーがスプリントを使うことができる前提のものに改良していきます。


アルファ版0.2.2.0 RELEASE

アルファ版 0.2.2.0をリリースしました

・追跡者が使用するハンドガンの射程距離を少し改定しました(飛距離をやや伸ばしました)

・新追跡者AI 通称「Heavy Gunner」が配置されるようになりました

仕様:
・ショットガンかアサルトライフルで武装している
・武器の射程距離が非常に長く、最悪画面外からの射撃もヒットする
・これらの武器は構え中は移動速度が減少する

(本当はグラフィックを別のものにしたり、軍隊AIも導入しようとしていましたが、間に合いませんでした。申し訳ございません)


アルファ版0.2.1.1 RELEASE

アルファ版 0.2.1.1をリリースしました

・追跡者が音を聞いた時に強制終了してしまう問題を解決しました
・追跡者が行動不能になってしまう問題を一部解決しました
・追跡者に発見された際強制終了してしまう問題を解決しました


アルファ版0.2.1.0 RELEASE

アルファ版 0.2.1.0をリリースしました

・新追跡者AI 通称「Dog」が配置されるようになりました

仕様:
・常に走って移動する
・プレイヤーを発見しても攻撃及び追跡を行わない
・プレイヤー発見後、追跡者に出会うと、その追跡者にプレイヤーを最後に目撃した位置を「報告する」
・この追跡者に発見されても隠密・完全ステルスに影響はない

B5階層以降にランダムで配置されるようになります


次期バージョンリリース中止

先日の製作放送で今夜中のリリースを予告しましたが、
配置関連でどうしても調整ができなかった為、リリースを見送ります。

近日中、準備が整い次第次期バージョンをリリースします。


アルファ版0.2.0.2 RELEASE

アルファ版 0.2.0.2をリリースしました

・フロア移動などのタイミングで強制終了が発生してしまうバグを解消しました